昭和自動車学校昭和自動車学校 0545380110 0545380110

卒業生に聞きました。
Vol.055 芦沢・菅沼・鈴木さんの場合

Q. 免許取得後、運転してみていかがですか?
菅沼 楽しいですね。もう毎日、結構乗ってます。
…運転ですか? 運転は…すごい指導されてます(笑。お母さんから。 ブレーキの踏み方が甘いとか、「遅い!」とか(笑。
反論は…しないです(笑。
ただ黙って運転してます。
── 鈴木さんは? いかがですか?
鈴木 私は、お母さんの車でちょこちょこ練習を。 駐車が苦手なので、車がいないスーパーの広い駐車場に行って。 お母さんにみてもらったりして。 そうですね。 (お母さんは)スパルタ指導です。どの教官より怖かったかも(笑。
…練習の成果ですか?…あんまり変わってないかも(笑。
── 芦沢さんは?
芦沢 私も運転はしてますけど、 まだ一人きりの運転は怖くて、無理です(笑。
そうですね。お母さんがナビ役をしてくれて。
私はそんな、あれこれは言われたりはしないんですけど、お母さんが「アッ」「ワッ」とか大声をあげるので。 それにビックリしちゃう…という(笑。


Q. 実際に運転していて、教習のことを思い出したりします?
菅沼 えーと…んー…。特にないかも(笑。
教えてもらったことが常に当たり前になってるので、これっていうのはないような。。すいません。
── なければ、全然いいんです。大丈夫です。
菅沼 あ、でも、雨の日は…
「雨の日の運転はいつも以上に車間距離をあける」というのは、特に意識してます。
── はい。ありがとうございます(笑。では、鈴木さんは?
鈴木 私は、信号待ちで前の車についていっちゃうクセがありまして。悪いクセと言われてて。 (前の車が動き出すと)何も考えずにフーっと 自分も動き出しちゃう。 「あ、ヤバイ。言われてた」と思い出します。
── では、芦沢さんは?
芦沢 私は巻き込み確認ですね。 巻き込み確認するたびに、フッと毎回思い出します。

小林英里香さん(指導員)が担当だったんですけど、巻き込み確認で(助手席の)小林さんと目が合っちゃって、笑いあった、ということがたびたびあって。 小林さんが「目が合ったね」って(笑。
それを思い出しちゃう。


Q. 初めての技能教習。初めて運転した瞬間、いかがでした?
菅沼 怖かったです。 最初、とにかくカーブが怖くて、ノロノロと。
あとで「さっき何km/hで走ってたと思う?」と聞かれて、30km/hくらいかな?と思ってたら、「10km/hだよ」って。 自分には運転無理かも…と、絶望しました(笑。
── では、鈴木さんは?
鈴木 私は、楽しかったです。 リアルな「マリオカート」かと思いました。ゲームセンターにある「マリオカート」だと。アクセルとブレーキがあって。「えー何これ?楽しい!」って。
なんか、すごい、踏めばビュンビュンスピード出るし…。
── スピードへの怖さ、なかったですか?
鈴木 なかったですね。(指導員から)「怖がんないね」と言われました(笑。
── へえ。そうなんですか。
菅沼 私、ちょうど彼女(鈴木さん)と初乗車が一緒だったんですけど、すごい笑顔の彼女とすれ違いました(笑。
めっちゃ速いスピードで。 こっちは怖くて真顔なのに、メチャクチャ笑顔でした(笑。
鈴木 すごい楽しかったです(笑。
── 芦沢さんは?
芦沢 私は初乗車、あんまり良い記憶がなくて…。 19時からの教習で夜の、雨がどしゃぶり(笑。
前が何も見えないし。怖かったです。 何も分からず。ワイパーがこんなだし(笑。

 2回目の乗車ですか? そのときは、日中で晴れてました。 ただ、運転、怖かったですね。スピードもあるし。 怖くなると、ブレーキも踏めなくて、口で怖い怖い言ってるだけで、そのまま車が動いてく…みたいな(笑。
── 慣れてきたのはいつごろでした?
菅沼 怖さがなくなってきたのは、1段階の途中ぐらいです。 最初はカーブを曲がるのもノロノロで、 カーブとか交差点で脱輪しそうになって。
── え…? S字とかではなく、普通のカーブで?
菅沼 はい。ただのカーブと交差点で、脱輪しそうに…(笑。
とにかく車の幅が分かってなくて、 車幅の感覚が全然つかめてなかったんです。

で、佐野さん(指導員)に「交差点で1回脱輪してみ」と言われたんです。 で、あえて脱輪してみる。 そうすると、ここまでなら大丈夫、ここまでいくとアウト、という幅が自分でもなんとなく分かってきて。運転しやすくなりました。 上達したというか、そこから、前にあった怖さがなくなりました。 


Q. では、オススメの指導員は?
菅沼 佐野さんです。佐野さん、話しやすかったです。 私、人見知りで、運転も余裕がなかったりで、 最初のうちはそれほど喋れなかったですけど、 路上に出てから、世間話とかもできて。楽しかったです。
── 鈴木さんは?
鈴木 私は後藤さんです。 後藤さんに初めて教わった時に「教え方うまいなぁ、この人」と思いました。

おじいちゃん先生には申し訳ないんですけど、言葉が難しくて。。返事はしてましたけど、正直、何言ってるのか分からないままだったんです。。 

後藤さんは、のほほんとしてて、分かりやすかったですね。 一つ一つを丁寧に教えてくれますし。  ずっと後藤さんだったらいいのに…と思って、 「先生がいいのにな」とずーっと後藤さんに愚痴ってたら、「担当にもできるよ」と。

で、受付のお姉さんに頼みに行ったんですけど、 後藤さんが若い男の先生だけに、なんか…さすがに言いにくくて…
── あー。分かります。
鈴木 で、彼女(菅沼さん)についてきてもらいました。
菅沼 ついていきました(笑。
── なるほど(笑。では、芦沢さんは?
芦沢 私は小林英里香さんです。 私もお願いすれば担当にできると、こっち(二人)から情報を聞きまして。即、小林さんを担当にしてもらいました(笑。 
同性で同じ女性のほうが喋りやすいですし、 小林さんは説明もすごい分かりやすくて。

…例えばですか?
例えば、駐車でバックするときに、ハンドルをどっちに回せばいいか分からなくなる瞬間があって。 「そういうときは、入れたい方向にお尻をキュッとやるといいよ」と。
鈴木 「お尻をキュッと」じゃなくない?(笑
芦沢 キュッとするじゃないか。何だっけ?(笑
鈴木 「自分のお尻をイメージして、入りたい方向へハンドルを回す」でしょ?
芦沢 あー、それそれ。それです(笑


Q. 苦手だったのは?
菅沼 S字ですね。
修了検定を受ける2時限前ぐらいに、S字で脱輪しちゃったんです。 S字が怖くなりました、初めて。普段しないところで脱輪して、そんなとこで脱輪なんて…と悲しくなっちゃって。。 そしたら、望月さんが「慣れててもそういうときはあるし。忘れて。オジさん、もう覚えてないから」 と言ってくれて…。 はあ、やさしいな、と。 それがすごい嬉しかったです。

その後、望月さん(指導員)がそこを何回もやってくれて。はげましてくれて、 重点的にS字をやってくれたので…。 なんとかなりました(笑。
── 鈴木さんは?苦手だったのは?
鈴木 カーブとS字ですね。S字で脱輪しまくってて…(笑。
(指導員に車幅の)左の感覚がまったくない、と言われました。
── どうやって克服したんですか?
鈴木 大型トラック用の(ゆったりとした)S字を何回も通って、左端に寄せて走ってみて、左の感覚をつかみました。 たぶん通常のメニューとは違うと思うんですけど、分かるまで先生がつきあってくれました。  その先生が誰だったか、記憶が定かじゃないんですけど…(笑、
感謝です。
── 芦沢さんは?苦手だったのは?
芦沢 私もカーブとS字が苦手でした。
── どうやって克服を?
芦沢 んー。克服できたのかどうか…(笑。
「目の前じゃなくて、進む先に目線をやる」 とか…あるんですけど、もう、とにかく脱輪だけはしないように…というだけで。

私、もう教習3回オーバーしたので、運転向いてないな、と。 心が折れたまま、なんとか最後まで…こなした、という感じです(笑。