昭和自動車学校昭和自動車学校 0545380110 0545380110

難しい用語

 できるだけ、なるべくではありますが、ご説明はどなたにもご理解いただける言葉で、と考えています。

ほんのちょっとだけ 
分かりやすい用語集

※用語をタッチしてみてください。

 普通車MT

マニュアル車
足で踏むペダルは、アクセル、ブレーキ、クラッチ、の3つ。出すスピードにあわせて、ギアチェンジ(手動)が必要です。スピードを変えるたびに左足でクラッチペダルを踏み、左手でチェンジレバーを動かし、ギアを変えます。
AT車と違い、休む暇なく、両手・両足を駆使して運転します。

 普通車AT

オートマティック車
足で踏むペダルは、アクセルとブレーキの2つ。ギアチェンジは不要で機械まかせ(自動)です。左足は使いません
運転は、MT車に比べて、シンプル。ハンドル操作に専念できます。

 入校

入学のことです。

 運転適性検査

性格判断テスト。『ハンドルを握ったときのあなたの性格がどういう性格か』を客観的に見つめ、安全運転に役立てます。

 時限

教習時間の単位。1時限=50分間です。

 規定時限数

最短教習時限数。公安委員会指定の自動車学校では、卒業までに必ず受講しなければならない時限の「数」が決められています。

 教習

指導を受けながら運転を習得する授業のことです。学科教習と技能教習の2種類の授業があります。

 学科教習

机の上でのお勉強です。テキストを中心に、事故を起こさないための交通ルールを学びます。

 技能教習

運転の実技を教わります。はじめてハンドルを握る方にとって、クルマが動き出す瞬間は忘れられないもの。思わず声が出ます。

 校内

自動車学校の校内にある道路(コース)を運転します。

 路上

一般道での運転練習。指導員が助手席に同乗し、あなたの運転で富士市内の一般道を走ります。

 第1段階

交通ルールの基本を学ぶ、基本編。なので「1段階目」です。

 第2段階

応用編なので「2段階目」です。

 検定

運転の実技試験です。検定員が助手席に同乗し、安全な運転がきちんとできているかどうか、あなたの運転行動をチェックし、判定します。

 みきわめ

検定を受ける前の第一関門。あなたに検定を受けるだけの技量が身についているかどうか、指導員が見極める時間です。
「第1段階」と「第2段階」にそれぞれ1回ずつあります。
合格 →  そのまま検定へと進みます。
不合格
→ 
合格するまで、引き続き、
技能教習が続きます。

 修了検定

第1段階の実技試験。あなたが受ける一番最初の試験になります

 修了

課題をクリアした、という意味です。

 効果測定

模擬テスト(基本的にパソコンを使います)。短期間で交通ルールを完璧に身につけていただくための反復練習です。※学科試験に合格するためだけの練習テストではありません。

 仮免学科試験

筆記試験です。修了検定に合格した方が受けるものです。

 仮運転免許証

仮免学科試験を合格した方に手渡される、仮の運転免許証。技能の第2段階では路上(一般道)での運転練習があります。その技能の第2段階で一般道を走るための免許証です。

 卒業検定

第2段階の実技試験。合格すれば、晴れて卒業となります。

 本免許学科試験

自動車学校で卒業検定に合格した方が受ける筆記試験。あなたが受ける最後の試験です。試験は、最寄りの運転免許センターで行っています。
この試験に合格してはじめて「運転免許証」が交付されます。

営業日カレンダー

入校するには?

免許取得までの流れ

卒業生インタビュー