昭和自動車学校昭和自動車学校 0545380110 0545380110

卒業生に聞きました。
Vol.052 水本さんの場合

Q. 一人きりでの運転はいかがですか?
車間距離、かなりあけてるんですけど、前の車が怖いですね。 今さっきもここに来るときに、前の車にいきなりブレーキ踏まれたので、 ドキッとしました。

あと、走ってると、つい中央寄りになりがちで…。 気をつけてはいるんですけど、教習のときからそういうクセがあって、 左がスレスレになるのが怖くて…。

自分の体を道路の真ん中に…というイメージで、意識して運転してます。 これは、佐藤さん(指導員)に教わったことですね。

あとは、駐車。駐車が難しいです。 (自動車学校のコース内と違って)ポールがあるわけじゃないし、 綺麗にまっすぐ停める、というのがなかなかできなくて。。 ウチの駐車場でも切って戻して、5分くらいかけて…(笑、
まっすぐになるまでやり直ししてます。 親に「替わって」と頼んでも、「それだと成長しないから」と、やってくれないんです。
一人で運転してみて、気づくことは?
今まで親が運転してるのを見て、そんな大変なことをしてるという意識が なかったんですけど、自分で運転するようになって、実は、いろいろ気にしながら考えながら運転してたんだなあ、と気づきました。

親は何の注意もしてなくて、普通に喋って会話しながら運転してたので、 てっきり、前の車のこと(車間距離)ぐらいしか気にしてないのかと…(笑。
これほどとは思ってなくて…。 凄いなあ、と。


Q. はじめて車を動かした瞬間は?
まず運転席が(助手席と違って)いつもと景色が違うので、違和感があって…。 で、動いた瞬間は、「あ。乗れた」という感じだったんですけど、 「乗れてる」と思ってから、怖く感じました。

少し先に停車している車があって、その車の後ろに停まったんですけど、 距離も短くて、ブレーキを踏んで停まってみたら、怖く感じたんです。 ぶつかったらどうしよう、と。
「はい。もう1回ね」って発進して、またふと思ったりして。

すぐに慣れましたけど、最初はそういう感じでした。


Q. 指導員はいかがでした?
皆さん、やさしかったです。 聞いてた話と同じだな、という感じで。

はい。 事前に、仲の良い友達や同じクラスの人にリサーチして、 「あの人、やさしいよ」とか、先生の情報を得てました。 「怖い」とかそういう話はなかったですね。 「あの人がイケメンだよ」とか(笑。
では、水本さんのイチ押しは?
山下さん、やさしかったです。
注意するときも、「こうしたほうがいいよ」という言い方なんですよ。 「これがダメ、あれがダメ」じゃなくて。 「ふー気を付けよう」とスッと思う。素直に聞ける、というか。

たとえば…ですか? 路上で、信号の右折サインが出て、私は対向車ばっかり見てて 右折サイン見てなかったんです。で、山下さんが「ほら、青だよ」と。 「おい!」とかじゃないんです。「青になったよ」って。 「はああー」ってなりますね(笑。
山下さん、イイ方です。

あと、小川さん。
小川さん、分かりやすいです。的確に「ここをこうすれば良くなる」って聞いて分かる言葉で教えてくれるので。
たとえば、ポンピングブレーキのときも、 普通は「信号の手前ではポンピングブレーキしてね」で終わりなんですけど、 小川さんだと「これぐらいの強さで」とか「この距離だと2回ぐらい踏めるよ」とか、具体的で。「こんな感じでやればいいんだ」と徐々に分かってくるというか。 あ、小川さん、人気あるんですか。 なんか分かる気がします。


Q. 路上教習はいかがでした?
路上は…怖いですね。 運転することに集中してて、聞かれても、返事もパッとできなくて。 あんまり会話になってなかったような…(笑。

歩行者が怖いです。 信号が赤に変わるときとか、曲がるときとか、 最後の最後で横断歩道を渡ってくることもあって…。怖かったです。 渡るかどうか迷った末に、やっぱり渡ってくる、とか(笑。
下校の時間帯は、特に、車道を走る自転車が怖かったですね。 あと、雨の日の教習もイヤでしたね。 ワイパーがジャマだし、後ろも見えにくいし。 踏切の前で窓を開けたら、右側が雨で濡れたのを覚えてます(笑。
   
   
>> 次ページへ

「ギリギリだね」と言われて