1月27日(土) 12:00〜 一般開放です。
皆様、どうぞご利用ください。

 補助線と誘導線を引いて、切り返しすることなく駐車がうまくいく。100坪を越える広さに、練習スペースはたったの2台分。うまくいったら、水が噴き出す。濡れます。そんな駐車場です。ちなみに、動力はすべて太陽光発電です

<太陽光発電についてのお詫び>
 動力はすべて太陽光発電でまかなう予定でしたが、一転、見送ることになりました。今後は当面の間、常時、発電機で対応します。ご安心ください、ちゃんと水は噴きます。

 1/25の本番テストで、太陽光発電で溜めた電力を装置につなげたところ、制御する回路を破損させてしまう致命的なエラーが出ました。運用には時期尚早でした。。 

 しかしながら、太陽光発電の魅力は理解しているつもりです。今はできなくても、将来を見据えて、今後も密かにゆっくりと取り組んでまいります。申し訳ございません。


--------------------------------------------
(前回までの記事)

■ 完成に至るまでの過程(1/11)


■ センサーと太陽光発電(1/20)

--------------------------------------------

■ STEP3と3つの看板(1/26)

 この「日本一停めやすい駐車場(仮名)」には STEP1「まっすぐバック」STEP2「ななめバック」があります。 が、実は STEP3もちゃんと存在します(〜3/31までの期間限定)。それがこちらです。



 STEP1・2が基礎編だとするならば、こちらは実践編。停めてある車と車の間に車庫入れをしてみる、です。STEP2でうまくいった残像が消えないうちに「リアル車庫入れ」がすぐさま実践できます。



 でも、車にぶつけてしまったら…。いえ。ご心配は無用です。万一ぶつけても支障がない車を2台、ご用意しました。…と言っても、用意したのは私たちではありません。この2台を提供して下さったのは Honda Cars 富士東さんです。

 こちらは社長の増田さん。この駐車場の企画を一番最初に面白がって下さった方です。



「仮にヘコませてしまっても、責任は一切問いません」との太っ腹な言葉もいただいています。

 ここでは、車に当たるか当たらないかの「ギリギリ」が試せます。ただし、ぶつけてしまうとあなたの車には支障があると思いますので、そこは十二分にご注意ください。



この駐車場プランは「Honda Cars 富士東」全面協力のもとに進行したコラボ企画です。
 さて、お次は「3つの看板」の話です。1つ目の看板が、こちら。



 水が噴きだすと、あなたの大切なお車が濡れてしまう。そこを危惧して、表示はくどいぐらいに「濡れます」「濡れます」を強調しています。

 余談ですが、題字は、当社の受付事務のお姉さん。ご本人は「看板を目にするたびにドキッとするから、ホントにやめてほしい」と周囲に漏らしています。
 次に2つ目の看板。説明足らずな看板です。どうやってやるの?が載っていません。



 細かい情報をゴチャゴチャと書き込むよりも、看板はシンプルにドカン!とQRコードを載せて、細かい表示や説明はスマホで表示させましょう。と、なりました。



 スマートフォンでQRコードを読み込むと、ヒントや解説(写真付き)が出てきます。赤いQRコードはSTEP1を、青いQRコードはSTEP2を表示させます。 お試しに、こんな感じです(別ページが開きます)
 そして、最後に、3つ目の看板です。



…白いですね。真っ白です。まさか…水に濡れると絵が浮き出てくる、とか?



……すいません、何もないです。今はまだ単なる「白紙」です。 こちらは今後の展開にこうご期待を。つい写真を撮りたくなる、そんな企画がゆっくりと進行中です。

─では、次回は「太陽光発電での失敗談」です。<更新は2月3日頃の予定です>

page  top 


 | 戻る 前の記事へ 

Copyright © 2018 SHOWA DRIVING SCHOOL All Rights Reserved.