フォントサイズ中 フォントサイズ大

営業日カレンダーお問い合わせサイトマップ


ホーム > 卒業生に聞きました > 046 角山・山下さんの場合


―― はじめてクルマが動いた瞬間、いかがでした?
山下 私、運転してる!って思いました。
あと‥意外に(運転)上手くない?と思いました(笑。
―― では、角山さんは?
角山 ちょっと思ってた感じとは違いました。
なんとなく思ってたのは、マリオカート(TVゲーム)みたいなのかな‥と(笑。
山下 ゲームセンターにあるやつ?(笑
角山 そう。現実は全然違ったんですけど(笑。
ゲームで車間距離なんて気にしないし。

後になって、鈴木(英正)さんに
「マリオカートみたいだと思ってました」って言ったら、「‥は?」って、
メッチャ笑われました(笑。

―― オススメの指導員は?
角山 鈴木英正さんです。やさしいんです。‥といっても、
鈴木さん、検定員さんなので、言うことはビシビシ言ってくるんですけど(笑。

一番最初(の技能教習)から鈴木さんだったんです。
最初は緊張して、1時間目はぎこちなくて。車内がシーンとしてました。
(運転に関する)技術的なことはしっかり喋ってくれるんですけど、
それ以外はシーン‥(笑。 「人見知りだからゴメンね」って、言われた(笑。

ただ、打ち解けてから、すごく楽しくなりました。
最後のほうは、もう卒業したくないって思っちゃうくらいで。
鈴木さんにも言ったんです。「卒業したくない」って。
そしたら、「もう来なくていい」って言われました(笑。
―― 山下さんは?オススメの指導員は?
山下 私は長倉さんです。
私、(卒業まで)ほとんど、長倉さんにしか乗ってない(笑。
角山 だよね?
山下 (技能教習の)2時間目が長倉さんだったんですけど。
ちょうどそのとき、なんか、先生で一人、怖いオジさんがいるという
噂があって―

あったんです、そういう噂が(笑。
で、「怖い人にどうしよう、当たったらヤダな」と
ちょうど思ってたところで長倉さんに
あたって、「あ、この人だったら大丈夫」って思ったんです。
「たとえ怒られても、この人なら、私ヘコまないな」と思ったんです。

私の性格の問題なんですけど‥、
教えられたことがうまくできなかったら申し訳ない感じになるし、、
ちょっとでもミスしちゃうと、すぐ「すいません!」って言っちゃうんです。
1回そうなると、運転がどんどんダメになってくんです。ボロボロに(笑。

そんな状態になっちゃうんだったら、
「この人がいいな」と思える人にとことん教えてもらいたいな、と。
それが長倉さんだったんです。
―― どういうところが良かったんでしょう?
山下 見放さないでいてくれる、というか。突き離さない。
何回も同じこと言われてるのに、ちゃんと見てくれるというか。
ホント、やさしいんだよ?
角山 分かった分かった(笑。
山下 カーブの手前でスピードを落とすのも、毎回、注意されてるんです。私。
毎回ですよ? 毎回なのに、「ブレーキ早めにね」って。

あと、教習が終わるとき、最後、いつもフォローが入るんです。
角山 あーそれは分かる!
山下 ね? 「いつも通りやればいいんだから」とか。
―― 角山さんもですか?
角山 はい。 鈴木さんも(教習の)最後、フォローを入れてくれるんです。
ニヤニヤしちゃう。 「ハイ、きました。この時間」って思う(笑。
「‥何、笑ってる?」って聞かれるんですけど。



―― 苦手だったのは?
山下 ブレーキです。
ブレーキを踏むのが遅れて、カーブもスピードを落としきらずに曲がるから、
遠心力で‥いつも、(体が横に傾く)こんなになるんです。
それを長倉さんに毎回注意されてました。

あと、最初の頃は、ブレーキの踏み加減も分かってなくて。
停まるとき、キュッ!と停まるから、こうやって(前に)つんのめって‥。
「すいません!」「ごめんなさい!」って言いながら、
(前へ)こうなってました。
長倉さんは「あ、いいよ」ってやさしく言ってくれるんですけど、
(前へ)こうなってました(笑。
角山 私は、クランクですね。
最初は、曲がるタイミングがまったく分からなくて。 脱輪ばっかり。
コツがつかめてきたら、スラスラスラと通れるようになったんですけど、
S字とかも、結構、苦労したかも。
山下 車両感覚が難しいよね?
私も、助手席のドア開けられて、
「ホラ、(車体の左側が)こんなに空いてる」って
言われました。
角山 要は、クルマが道路の真ん中を走ってればいいんだよね?
―― どうやって克服しましたか?
角山 クルマの前が(ボンネットから先の車体の前部分が、
運転席から見て)道路からはみ出すくらい出てても、
タイヤは落ちてないということが分かって─
山下 そうそう。 私も、「意外に落ちないからね」って言われた。
「ホラ、こんなに前に出ても、タイヤは落ちてないでしょ?」って
見せてくれて。
角山 (車体が)前にはみ出すのが、怖くなくなりました。
脱輪するかな?もうちょっとかな?って思うギリギリが
分かるようになってきて。

でも、脱輪したら‥終わりですね(笑。
(脱輪して)元に戻す方法もちゃんと教えてもらってるんですけど‥、
緊張でテンパッてる検定のときに、絶対できない(笑。
私、検定は”(脱輪でタイヤが)落ちたら終わり”のつもりで臨みました(笑。
山下 あと、私は、結構合図を忘れることが多くて‥。
―― それは、どうやって克服を?
山下 言われて気づく、だったんです。
目視とかもそうですけど、言われて気づくを繰り返して‥。
長倉さんに言われて、「ああっ‥!」「すいません!」って。
ひとつひとつ直していったという感じです。
角山 私、合図とかは最終的に「(本人の)意識しかないよ」って言われた。
山下 あ、それ、私も言われた(笑。 それです(笑。

―― 恥ずかしかったことは?
角山 一番は、仮免試験に落ちたことです。
―― それはこの‥記事で掲載しても─
角山 いいです(笑。
もうネタです。ここまでくると。それぐらい恥ずかしかった。
(合格した)他の皆が2段階の予約を取ってる中で、
ポツンと(復習の)テスト受けて‥。鈴木さんに報告するのも
申し訳なくて‥。「まさか学科で落ちるなんて」、と。

その後、路上でも、鈴木さんに「何が一番ビックリしたって、
仮免だよね」って、何回もイヤミを言われました(笑。
―― 山下さんは?恥ずかしかったことは?
山下 技能の予約が入ってるのに、学科を受けようとしてて、
学科の教室から連れ出されたことがあります(笑。

他に人がいっぱいいるのに、大きな声で受付のお姉さんに呼ばれて‥。
恥ずかしかった。
私を探してたらしくて、長倉さんに「何してた?」って聞かれました(笑。

戻る  1  |  2  次のページへ

   お問合せサイトマッププライバシーポリシー

Copyright © 2017 SHOWA DRIVING SCHOOL All Rights Reserved.